スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プレステージ」

2007–06–30 (Sat) 15:01

原題 THE PRESTIGE
製作年度 2006年
製作国 アメリカ
上映時間 130分
監督 クリストファー・ノーラン
製作総指揮 クリス・J・ボール 、ヴァレリー・ディーン 、チャールズ・J・D・シュリッセル 、ウィリアム・タイラー
原作 クリストファー・プリースト
脚本 クリストファー・ノーラン 、ジョナサン・ノーラン
音楽 デヴィッド・ジュリアン
出演 ヒュー・ジャックマン 、クリスチャン・ベイル 、マイケル・ケイン 、スカーレット・ヨハンソン 、パイパー・ペラーボ 、レベッカ・ホール 、デヴィッド・ボウイ 、アンディ・サーキス 、エドワード・ヒバート 、サマンサ・マハリン 、ダニエル・デイヴィ 、ジム・ピドック 、クリストファー・ニーム 、マーク・ライアン 、ロジャー・リース 、ジェイミー・ハリス 、ロン・パーキンス 、リッキー・ジェイ 、モンティ・スチュアート
 


わりかしネタバレてるから、観てからね。
ノーランがやろうとしていること自体、どーなの?っつー話はとりあえずおいておくとしても。
この映画の「結末は誰にも話さないでください。」っつーテロップにあるとおり、どんでん返しのあるストーリーを楽しむノリに乗ったとしても。


それにしても、オチがバレバレなのは、むしろノーランが『誰にも気付かない、ストーリー的なものとは別個の“何か”』を隠しやってるのか?とさえ穿ってしまうのですが…

普段、サスペンス映画とかって極力謎解きしないんですよ。
だって、分かっちゃったらおもしろくないじゃん
しかし、分からせられる映画も珍しいw



意図的に挿入されるヒントシーンがどうのこうのって話じゃなくってですね。
…つまり、この映画も「バベル」よろしく、会話シーンはひたすら単調な人物顔の切り返しでできてるのですが。
ところが一人だけその切り返しを免れてる人がいるわけですょ。

なんで“この人”だけ?って観客はむしろ注目してしまうでしょ。
で、怪しい髭の奥の顔をよく見てると…

一人だけ切り返しをしてないことによって、その人に注目させておいて、実は“その人”とはぜんぜん関係ないところからくるのか?と思ってたら…そんなこともなく…。



というわけで、どんでん返し映画としてはツッコミのないボケのような致命的欠陥をもった「プレステージ」ですが、もしかしたらこのボケに気付けるかって挑発するための映画だったのかもしれません…。


それにしても荒木飛呂彦ですよっ。
入場者特典のステッカー。
2枚もゲットしてしまいました(キャーーーーッ!

ってまだ残ってたのかよ!
どんだけ入ってないねん!

プレステージ

バイクに貼ろっと。

しかしあのネコは蝿男ですよ、蝿男。

(070628)
スポンサーサイト

« 「マングラー」 | HOME |  「大日本人」 »

コメント

>chuchuさん

猫が(メ-_-) ・・・☆・・・(-_-メ;) バチバチってやられるところ。
「蝿男」思い出しませんでした?
にゃ~って声だけ聞こえて、消えるのかと思いきや…
「増えてるのかよっ!」
ってツッコミ入れちゃいましたw

引越したのはですねぇ
いくつか理由はあるのですが、一つは前のブログを別の用途に使う
ためと、あとは前のブログのURLを変えたかったからです。

ところで

引越しの理由はなんだったんですか?

私はもう、「ぎゃークリ・ベーかっちょいいなー!」「うわースカヨハの衣装やらしくていいなー!」とか思いながら観てたら、いきなり猫が2匹になってて、「ええ~~~~~!!!!!」だったよ。そもそも謎解きって疎いんだけど、出演者の演技がすっごく良くって、そっちに引っ張られているうちに終わっちゃったって感じでした。DVD買った後も、10回くらい観ちゃった。

>kenkoさん

いらっしゃいませ。
そして当ブログ初トラバです!

特に女性の方は荒木飛呂彦知らない人多いですから、普通に
「えぇ~いらな~い」
なんて言ってる人もいて。。。

ぬ~ん、ここは荒木先生の御膝元なるぞっ!!
と一人でふんふんしてました(アホ

ご心配おかけしました、どぞよろしくお願いいたします。

とりこさん

とりこさんなのね♪
ぐるぐる回るんですか?(笑)

「結末は誰にも話さないで下さい」という挑発にまんまと乗せられて
オチがバレバレなことに鑑賞直後は不満を抱いてしまったのですが、
(切り返しとかは全然分かんなかったです。さすがとりこさん♪)
原作を読んでみた後、つい先日もう一回観に行ってしまいました。
2回目では二人の男があまりに憐れでちょっと涙が出ちゃいました・・・

これがウサワの荒木飛呂彦ステッカーかぁ。
私はゲットできませんでした(泣)いーなー

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「プレステージ」

目の前で繰り広げられる摩訶不思議な出来事に、ただ素直に驚いて喜ぶのが正しいマジ  …

「『プレステージ』-かったるくても我慢して最後まで観るのだ!!」

The Prestige冒頭、マジシャンの山高帽が霧のかかった森にたくさん落ちているシーンを観た時は、「かったるそーだな~~~」と思ったのだけど、そのシーンが、2匹の猫付きで再度現れたとき、「え~~~~~!!!!  …

トラックバックURL

http://homewardbound.blog108.fc2.com/tb.php/17-92f4ee7c

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Category

Recent Articles

Recent Comments

Recent Trackback

Profile

とりこ

auther:とりこ

心新たに…

しかし相変わらずトンデモで。

Monthly

Search

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。