スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大日本人」

2007–07–01 (Sun) 15:12

製作年度 2007年
製作国 日本
上映時間 113分
監督 松本人志
製作総指揮 白岩久弥
脚本 松本人志 、高須光聖
音楽 テイ・トウワ 、川井憲次
出演 松本人志 、竹内力 、UA 、神木隆之介 、海原はるか 、板尾創路 、街田しおん


いつか「電波少年」って番組あったじゃないですか。

この番組で松本人志が映画撮って、ニューヨークかどっかで上映するって企画があって。
あれがひどくおもしろくなかったんですょ。

フィルムじゃないってのもあるかもですが、それにしても構図というか、頭に浮かんだおもしろいシチュエーションを再現してるんでしょうけど、やたらに平面的だったんですよね…



で、まーぶっちゃけ「大日本人」も見る前から、どーやってきっちり落とそうか?なんて意地悪いこと思っちゃったりしてたんですが(反省。

意外や意外にふつーに観れたんですけど。


隣に座ってた連れは始まって30分くらいでグースカ寝てましたがw
予告見た限りで、画ももっとテレビ的に平板かと思ってたら、意外に良い。
なんだか社会のカルカチュア的なのも一面的じゃなくって、マルチメタな感じでソツなくやってんじゃん。

最後の10分、涙流して一人爆笑できたし(恥。
“是非”は反則的なおもしろさでした。
あれ以来、“是非”が口癖



つまり、あれでしょ。
古いものから新しいものへ。
コンサヴァティブからネオコンへの移行というか。
正統保守から新自由主義路線というか。
半社会主義的資本主義からグローバル・スタンダードへというか。


エネルギー資源が石炭から石油に移っても、炭鉱の町は急には石油の町には変われないわけで。
炭鉱のおっさんは、炭鉱を生業にしているのは生きる手段であると同時に、生きるプライドでもあるという。

だから小泉のおっさんのいう“流動的な失業率”なんてのは職業プライドのない人を増やそうって言ってるようなもんで。
しかも、人間そうそうプライドなくって働けるもんでもなし。


なんだか時代に取り残される大日本人が居酒屋を後にしながら言う「大日本人だよっ」のセリフ。
そして寂しげな背中。
いいじゃない。


……


最後の“実写”。

そこまではCGという映画に透明性を与える新しい技術でもって、しかし、それとは裏腹に実に前時代的な“戦闘”をやってるんですね。
適当にやられながら見せ場をつくっておいて、最後は勝つという古典的な闘い方。

で、この倒錯具合は、その“実写”後に反転させるためだったんですね。


“実写”後ってのは、前時代的な着ぐるみで見るからにセットな背景で、しかし、やってることは非常にシュールで味気もない闘いだという。


前時代なものが廃れ、思考過程をすっ飛ばす新たな機軸はしかしどーなの?ってのを映像的ウソを自覚的に露呈させながら垂れ流してるあたり、なかなかにレベル高しと思いますよ。


……


前半のドキュメンタリーなところ。
あっこ、実はドキュメンタリー風でもなくって。
たとえばインタビュー中に“赤い靴”のショットを入れたりとかですね(ドキュメンタリーであーゆー挿入はないでしょ)。

スナックのママ(だっけ?)に送ってもらい、大佐藤が駅で降りるシーン。
カメラが遠巻きに降りるシーンを捉えてるってことは、ドキュメンタリーの場合では仕込みなわけです。
だからスナックのママも仕込みなはずで、ドキュメントならカメラの前を通りすがるときに声かけることなんてない。

っつーように、ドキュメンタリーと見せかけて、実に劇映画的仕込みとのバランスをとってますね。

ウソと本当のバランスをギリギリでやろうとしてるあたりだとか、ボクは心意気として買いますね。

最近、人様の映画感想はまったく読んでないんですが…コレ、世間受け的にはどーなんでしょか?




この映画ももらっちゃいました。
入場者特典のポストカード。

封切られてから大分たちますよね…。

どんだけ客入ってないねん!

(070626)
スポンサーサイト

« 「プレステージ」 | HOME |  「監督・ばんざい!」 »

コメント

>hke1120さん

お祝いのお言葉ありがとうございます。

ボクが不満…というか褒めきらないのは、むしろ真っ当な
映画であることなんですよねぇ・・・もっと突き抜けてくれて
るのかと思ってたのですが。 賛否で騒いでいるのがよく
分からないです。

祝。

新ブログでもよろしくです!
ではさっそく『大日本人』。

>古いものから新しいものへ

その大佐藤の「しがみつき方」っていうのがリアルで良かったですね。また、そうゆう「弱者」というのはいままでもずっと撮られ続けていたわけで、それとは違うのはというか、面白いのは、大佐藤が「二重の弱者」になってる点ですね。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「『大日本人』」

みんなインタヴュー形式のところをベタベタって言うけどさー、主人公と鑑賞者の間に露骨なまでに悪意を存在させ、鑑賞者は常に悪意の目を通してでしか主人公を見ることはできないっていうのは、「スゲーよ」とは言わないまでも「なかなか面白いことやるじゃん」とは思うんだ  …

「『大日本人』」

'07.06.20 『大日本人』@東劇記念すべきCinema☆100本目は尊敬する松ちゃんの初監督作品『大日本人』 ちょっと狙いました(笑)基本的にネタバレは避けたいと思っているので感想を書くときにはいつも言葉選びなどが難しかったりするけど、この映画の場合は特に難し...  …

「『大日本人』」

大日本人 通常盤(2007/11/28)松本人志神木隆之介商品詳細を見る 先日、といっても昨日一昨日の話ではなくて、正確に言うと先週の土曜日のことな...  …

トラックバックURL

http://homewardbound.blog108.fc2.com/tb.php/18-f13216a1

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Category

Recent Articles

Recent Comments

Recent Trackback

Profile

とりこ

auther:とりこ

心新たに…

しかし相変わらずトンデモで。

Monthly

Search

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。