スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゾディアック」

2007–07–03 (Tue) 07:24

原題 ZODIAC
製作年度 2006年
製作国 アメリカ
上映時間 157分
監督 デヴィッド・フィンチャー
製作総指揮 ルイス・フィリップス
原作 ロバート・グレイスミス
脚本 ジェームズ・ヴァンダービルト
音楽 デヴィッド・シャイア
出演 ジェイク・ギレンホール 、マーク・ラファロ 、ロバート・ダウニー・Jr 、アンソニー・エドワーズ 、ブライアン・コックス 、イライアス・コティーズ 、クロエ・セヴィニー 、ドナル・ローグ 、ジョン・キャロル・リンチ 、ダーモット・マローニー 、リッチモンド・アークエット 、ボブ・スティーヴンソン 、ジョン・テリー 、ジョン・ゲッツ 、キャンディ・クラーク 、フィリップ・ベイカー・ホール 、ジェイソン・ワイルズ 、マット・ウィンストン 、ザック・グルニエ 、アダム・ゴールドバーグ 、ジェームズ・レグロス 、クレア・デュヴァル 、ポール・シュルツ 、ジョン・レイシー 、エド・セトレキアン 、ドーン・リー 、ペル・ジェームズ 、リー・ノリス 、ジョエル・ビソネット 、トーマス・コパッチ 、バリー・リヴィングストン 、クリストファー・ジョン・フィールズ


いやはや。 


なんと上映時間157分。

2時間半オーバーでっせ。


…つまり(カナ~リ)うとうとしちゃった言い訳をしようとしてたのですが…あぁ、すみません。


も1回観ると思いますが、まー暫定記録とゆーことで。


……


記憶が確かならこの映画、『ジェイク・ギレンホール演ずるロバートが“ゾディアック”なるシリアル・キラーを追ううちに、自らの身を滅ぼしていく』ってな話だったですね。


おもしろいのは
殺人者を追うのは本来、刑事でありそうなもので―実際、前半戦では刑事が奔走していましたね―しかし、最終的にゾディアックの深淵な闇に足を突っ込んでいくジェイクは、一番関係のない風刺漫画家なんですね。
んで、彼は最初、ゾディアックが送ってきた“暗号”を解くことにやっきになっていた…はずが、いつの間にかゾディアック自身を追うはめになっていた。

つまり、この映画、“すり替え”が甚だしぃ。

刑事が追ってたはずが、漫画家が追ってた。
暗号解いてたはずが、モノホン追ってた。
追ってたはずが追い詰められてた。

いつのまにか、摩り替わってる恐怖っつーんでしょうか。



『暗号解いていたはずが、モノホン追ってた。』ってのがツボですね。
二次元上の暗号―サイファとは、人為的につくられた“法則”に則って読み取らないと解読できないものです。
さまざまなヒント、カギを寄せ集めてきて、“法則”の筋道を辿ることで暗号に隠された事象を明かにするわけですね。

ロバートはこの紙の上にある“法則の筋道”を見つけることにやっきだった。

ところがいつの間にやら、その二次元上の謎は、ゾディアックそのものの―いってみれば三次元上の―謎に挿げ替わっていた。
“暗号を解くカギ”は、犯人を特定するための状況証拠に替わり、
掴もうとしている“法則の筋道”は、二次元上のはっきりとした人為性のあるものから、ゾディアックという存在自体が不確かなものへと溶け出していく。

平板なものから、実態を持った恐ろしい何かが迫り上がってくる恐さを感じます。


集めたカギは、ただの妄想か、それとも確たるエビデンスなのか?
そして、
その先にあるものは“法則”なのか…それともカオスか?


そう、「殺○の○憶」のパクリだとか「大統領○陰謀」がどうのとかチラっと耳にしましたが、わたくしに言わせれば、むしろ本質は「π」でしょうと。
勝手に宣言しときます。



……



二次元であったものが三次元へ…っつーのをやたら強調しましたが。

映画ってそーですよね。
観客が劇場で観てるものってのは、演劇なんかと違って実はスクリーンという二次元上のものなんですね。
でも、人間の目はあたかも三次元のものを見ているように錯覚し、頭の中で物語世界を構築する。

ロバートがたどり着いた結末ってのとなんだかダブって見えるわけです。

(070620)

C note/ゾディアック
スポンサーサイト

« 「監督・ばんざい!」 | HOME |  「輝ける女たち」 »

コメント

フィンチャー

>chuchuさん

彼の映画ってもともとだらだらジミジミ系じゃないですか。
あとは脚本しだいというか。

そこが好みの別れどころかしら。

長かった~

一言で言って、地味ですよね。

>kenkoさん

観たのも2週間以上前のイイカゲンレビューで申し訳ないです(汗。

なかなかしっかりした映画だったと思います。
地下室での緊張感とか。。。怖かったですね。

おはようございます

ほんとだ!
言われてみれば、いつのまにやらいろいろ摩り替わってました。
追ってたはずが追い詰められてたところ、すんごくコワかった・・・
『n』って未見なので、今度観てみたいと思います☆

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「ゾディアック」

青いインクで書かれた記号が几帳面に並んだ暗号文も、円に十字を重ねたマークも、そ  …

「『ゾディアック』-地味だけど観る価値あり」

Zodiac日本でも既にアメリカで『Zodiac』公開!などと記事が出ているのに、うちの近所では全く音沙汰がないのでネットで調べてみると、全米で数箇所しか上映されてなくて、しかも田舎町のうちの近所なんか全然やってません  …

トラックバックURL

http://homewardbound.blog108.fc2.com/tb.php/21-aa4a6013

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Category

Recent Articles

Recent Comments

Recent Trackback

Profile

とりこ

auther:とりこ

心新たに…

しかし相変わらずトンデモで。

Monthly

Search

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。