スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フランシスコの2人の息子」

2007–07–06 (Fri) 17:00

原題 2 FILHOS DE FRANCISCO - A HISTO'RIA DE ZEZE' DI CAMARGO & LUCIANO/TWO SONS OF FRANCISCO
製作年度 2005年
製作国 ブラジル
上映時間 124分
監督 ブレノ・シウヴェイラ
脚本 パトリシア・アンドラージ 、カロリーナ・コトショ
音楽 カエターノ・ヴェローゾ
出演 アンジェロ・アントニオ 、ジラ・パエス 、ダブリオ・モレイラ 、マルコス・エンヒケ 、マルシオ・ケーリング 、チアゴ・メンドンサ 、パロマ・ドゥアルテ 、ジョゼ・デュモント 、リマ・ドゥアルチ


この映画はだからねぇ…つまり昨日の「約束の旅路」の後半がしっかりしてたのに比べて、「フランシスコの2人の息子」の後半、ミズロマルが青年になってからが説明的ダイジェストになっちゃってますよね。

変人と言われた父親がそれでも息子たちを手塩にかけて育てた。
やがて、その息子ミズロマルが父親になったとき、かつての父親と同じ背中を見せる
ってとこをもっと押してほしかったっスな。


…と書いてみたけど…

あぁこの人と同じこと書いちゃった…(汗。

「フランシスコの2人の息子」後半は少し失速するものの、ラテン的サクセスストーリーを鮮やかに捉えた佳品( PREMIERE )

(070628)
スポンサーサイト

« 「約束の旅路」 | HOME |  「ダイ・ハード4.0」 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://homewardbound.blog108.fc2.com/tb.php/24-c5cb766f

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Category

Recent Articles

Recent Comments

Recent Trackback

Profile

とりこ

auther:とりこ

心新たに…

しかし相変わらずトンデモで。

Monthly

Search

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。