スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ボラット」

2007–07–09 (Mon) 14:48
栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

原題 BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN
製作年度 2006年
製作国 アメリカ  
上映時間 84分
監督 ラリー・チャールズ
製作総指揮 ダン・メイザー 、モニカ・レヴィンソン
脚本 サシャ・バロン・コーエン 、ピーター・ベイナム 、アンソニー・ハインズ 、ダン・メイザー 音楽 エラン・バロン・コーエン
出演 サシャ・バロン・コーエン 、ケン・ダヴィティアン 、ルネル


く、くだんねーっ

こういう風刺の利いたコメディって、アメリカではもっと多いらしいですね。
日本で配給されないだけで。

 
ほっんとにおバカ映画ですけど、これってどこまで本気なんでしょかね。
全部作り物かと思ってたんですけど。
カザフスタンも関係なけりゃ、カザフスタン人役のサシャ・バロン・コーエンもユダヤ人らしい。

ところがウィキってみるとどーもそーでもないらしい…

ボラット/wikipedia

たとえばディナーパーティの項目。
 
社交マナーを学ぶためにディナーパーティーに参加するが、同席の女性3人を配偶者の目の前で批評したり、水洗トイレの使い方を知らないという設定でビニール袋に排泄物を入れて持って帰ってきたり、新聞広告に載っていた電話番号で娼婦を呼び、同席させようとしたりする。なお、娼婦は制作者側が送り込んだ女優(ルーネル・キャンベル)だが、何も知らされていないディナーパーティーの列席者たちは激怒する

ってことは、娼婦は仕込みで、列席者はマジ騙されてるってこと?

で、続編はボラットの顔が割れちゃったから出来ないらしいし。


でも、だいたいのシーンでカメラは数台あって、とても電波少年的ドキュメントって規模じゃないし、だいたい出てくる人たちは(ボラット以外)絶対にカメラ目線にならない。

うーん、どっからどこまでつくりもんなんだろ?気になる…


もう、途中から「笑う」っつーより「失笑」に近くなってくるんですよ。
そこまでやっちゃいますか?ってゆー。
これマジやったら逮捕どころか、殺されんじゃね?レベルで。

劇場内で大声で笑ってるのが外人さんたちだけというw
むしろそのシチュエーションが笑えた。



話的には、あるテレビ番組に出てたパメラに恋してカリフォルニアに向かうってロードムービーで意外にしっかりしてて観れんのね。


何が良いって、このボラットが二カッと笑うんだけど、絶対目は笑ってないというあの表情ですよ。

この人、きっと頭いぃんだろうね。

(070706)
スポンサーサイト

« 2007年上半期の映画 | HOME |  「ボルベール 」 »

コメント

>chuchuさん

おバカなアメリカ人にさらにバカキャラでバカにするってのは
よくありそうなもんですけど、レベルが超越してますものね…
世界中どこにいても尻ぐらい自分で拭くだろが(`□´;)

あのテキサスのロデオのシーンはマジ怖いですよ。字幕でどの程度出たかわからないけど、言ってること一つ一つ冷や汗もんでしたよ。

あのパーティは、ヤラセなのかわかんなかったけど、本当なの??ひー
でもさ、トイレで女の人がペーパーの使い方教えるところうそ臭いんだけど。「違う!ホストがゲストのお尻を拭くんじゃないの!!」と叫んでるところがめっさ可笑しかったけど。

noooot!! 「なんてね」

>chuchuさん

うちの近所ではたった2週間で上映終了してました(寂

ここまでやってくれるとむしろポップコーン片手に気軽に見れますね。
南部の人たちには受け悪かったりするのかしら・・・
笑うというより、殺されんじゃね?とハラハラしちゃいますw

これは・・・!

なんつっていいかわかりません。面白かったけど、笑ってもいられないという。この人相当肝っ玉座ってるよ。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「『ボラット』-喜劇というより怒劇?!」

Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstanこの映画のキャッチ・コピーは、バカには理解不能なバカです。dvd on amazon.comProduced: 2006Directed by: L  …

トラックバックURL

http://homewardbound.blog108.fc2.com/tb.php/27-3b735445

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Category

Recent Articles

Recent Comments

Recent Trackback

Profile

とりこ

auther:とりこ

心新たに…

しかし相変わらずトンデモで。

Monthly

Search

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。