スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さっど・ヴァケイション

2008–02–22 (Fri) 02:54
誕生日にありがたくも「パルス」をいただいちゃいました。

ありがとうございます!

で、清と洋の対談をとりあえず拝見…


とりあえず確認したのはやっぱり、本人の好みにかかわらず米的から欧的にシフトしてきた
っつーのはあったんだと。
ま、その辺は確認するまでもなくと言ってしまえるのだけれど、というかロフトの照明のあからさまな遊び具合は、もろアルジェント具合であるし、
しかしアルドリッチも思い出させるあたりが、やはり清汁というしかない。

それにしても思うのは洋はしょせん、どちらの彼の岸かといえば清側であって、
比較的にするまでもなく真治さんは、清を目指してた…はホントのところは知らないが
少なくとも正反対であって、しかし結局のところ光のあたるところへ出た先というのは
やはり正反対であるが、しかしそれがゆえにその対象性がこれ以上なく美しく、
並び立たせるなら”彼”、となっているのは皮肉なのだろうか…

スポンサーサイト

« 人間チック | HOME |  最近のお仕事の友 »

コメント

情報ありがとう

血がどばどば系なのね。

それを絶賛するよしもとさんて一体…と思ってしまいますが
なんでも映画を観て「世界が自分と同じように見えている人がいるとわかって
ものすごく安心した」らしいです。

ひとまず「サスペリア」を今度ツタヤに行って探してみようと思います。
ありがとー。

どうもありがとう。

>miyuさん

あなたが、すぐにさらに向こう側に行ってしまわれるのがさみしいです。

アルジェントはサスペリア1,2、インフェルノしか観てませんが、基本的に
惨殺描写大好き系じゃないでしょうか。

だけど、この人の映画は、血どばどばでもヨーロピアンゴシックな美しさがあるので、さほど生理的な嫌悪感は無いような気はします。
とりあえずサスペリアはよいですよ。
ちなみに1,2といいながら2は1よりも先につくられた作品で、内容的な関連もない別物です。

おめでたう

おお,誕生日でしたねー.
おめでとうございます.こっち側の世界へようこそ(笑)

ところで,ふっと思い出したので書いてしまいますが
ダリオ・アルジェント監督の映画ってどんな感じですか?
作家のよしもとばななが絶賛していていつか観たい気もするのだけれども
ホラー映画の監督さんだという話なのでちょっと手が出せずにいます.
もし何か知ってれば教えてください.

>phoddaさん

観ます!

ああ、なんだか酔っ払いの意味不な文章で申し訳ないですw

おお!

ついに蛇の道・蜘蛛の瞳二部作をご覧になるのですね!
レビュー楽しみにしてます。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://homewardbound.blog108.fc2.com/tb.php/73-1d39fbad

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Category

Recent Articles

Recent Comments

Recent Trackback

Profile

とりこ

auther:とりこ

心新たに…

しかし相変わらずトンデモで。

Monthly

Search

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。