スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悪魔のいけにえ2」

2007–06–13 (Wed) 04:21

原題 THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE PART 2
製作年度 1986年
製作国 アメリカ
上映時間 95分
監督 トビー・フーパー
脚本 L・M・キット・カーソン
音楽 トビー・フーパー 、ジェリー・ランバート
出演 デニス・ホッパー 、キャロライン・ウィリアムズ 、ビル・ジョンソン 、ジム・シードウ 、ビル・モーズリイ 、ケン・エヴァート 、ハーラン・ジョーダン



レザーフェイスがラジオ局を襲撃するところ。
女性DJ(キャロライン)の股の前で、チェーンソウによって氷が砕けて飛び散るのだが、まーはっきり言ってしまえばエロシーンなわけですょw。

チェーンソウがレザーフェイスのイチモツで、彼女がナニを吹いているという。
もちろんエロシーンが本来“悦楽”であるのに対して、彼女が感じているのが“恐怖”であるという倒錯具合もグッとくるのですが。

このシーンの順序を考えると、レザーフェイスがまず彼女に叫びを上げるだけ上げさせた後に、ジリジリと恐怖させるのだ。
普通は逆だ。
ジリジリと追い詰めた挙句、『ぎゃーーーっ!!』だ。
つまり、イカせた後に、前戯なのだ。

この倒錯具合がすんばらしい。

(話はそれるけれど、そもそも映画ってそうなのだ。
現実と違って倒錯してるものだと思うわけです。
そう少なくない場面で、因果は『果』を導くために後発的に『因』が出来る。
『男が仕事で忙しいから女が去る』のではなく、『女を去らせるために男は仕事が忙しい』んです。)

レザーが女DJに恋人の生皮を被せるのも、その後に恋人に自分の顔と躍らせるためだし。

デニス・ホッパーとレザーフェイスとのチャンチャンバラバラ冒険活劇なんてアツイったらありゃしないですが、結局のところ、全てラストのキャロラインのチェーンソウ・スクリームをやらせるためだろうところが実に良いですよね。
しかも、『女性器の中に人』って表現は割りとありそうなところですが、『男性器の中に狂った女DJ』という倒錯したシーンはありゃ映画史上に残る衝撃度じゃないですかね?





レザーフェイスは女性DJに恋してしまうのですが、この二人が結ばれることが絶対ないのは、目に見えて明らかなんです。
この結ばれることがない美女と野獣の恋ってのが『古典ホラー』っぽくて前作にない良さがありますねぇ。


いや、この映画、笑えるとかいうレベルじゃなくマジでおもろいょ

悪魔のいけにえ2(完全版) 悪魔のいけにえ2(完全版)
デニス・ホッパー (2007/05/25)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

« 「ゾンゲリア」 | HOME |  「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生」 »

コメント

>しゅぺる&こぼるさん

いらっしゃいませ。
初コメありがとうございますっ

シリーズこの後からはもう確かフーパーではないですけど、そう4にレニー・ゼルウィガー出てるってのはちょっと観てみたいですね。
デニス・ホッパーといえばボクの中で「ブルー・ベルベット」の気が狂ったヤクザが強烈に印象に残ってるので、チェーンソウ持ってても全く違和感ないですね。

あとさり気に引越し特別企画「実はホラー特集やってます」を開催中ですので、当分ホラーが続きます(笑

一番のり♪

昨日から記事がまた増えてる(拍手!)
新装開店おめでとうございます。
悪魔のいけにえ、シリーズは4まで?
デニス・ホッパーとかましゅー・まこのへーとかヴィゴとか
レニー・ゼルウィガーなど今となっては結構豪華な面々出てますよね。
>『男が仕事で忙しいから女が去る』のではなく、『女を去らせるために男は仕事が忙しい』
なるほど~。深い考察です。
しかし現実にこの手を使うやつもいるんじゃ・・・(笑)
それをアリバイという。(笑)
ブックマーク、新しいタイトルで入れときますね。
では~v-222

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://homewardbound.blog108.fc2.com/tb.php/8-6bbab3d2

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Category

Recent Articles

Recent Comments

Recent Trackback

Profile

とりこ

auther:とりこ

心新たに…

しかし相変わらずトンデモで。

Monthly

Search

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。