スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒッチコックの「鳥」

2008–05–18 (Sun) 18:25
「ミスト」

原題: THE MIST 製作年度: 2007年
監督: フランク・ダラボン 上映時間: 125分



じゃねーかと、

公式のトレーラー見て思ったのはわたしだけでしょうか?




車で出発してからが秀逸ですね。

というか、ビッグフット


アイツの造形と、出し方が素ん晴らしいです。

スーパーマーケットで出てくるモンスターは、類型的モンスターパニックのモンスターとして現れるんだけどね。
ジャンルも、よくあるモンスターパニックと、人間サスペンスの抱き合わせなわけですね。



ところが、車が出発してから、ファンタジーに切り替わる。
ビッグフットが現れるのは、それまでのモンスターと違って、ファンタジーでのモンスターとしてなのです。
ぶっちゃけ、諸星大二郎なのです!


あのジャンルの振り方には感動したね。
「タイムマシン」もこういう形式だと、もっとしっくりいく出来になったんじゃねーかな。
ファンタジーに時間割きすぎだったものね。


それにしても、グリーングラス的カメラ使いはありゃ流行か何かになりつつあんのかね?
へったくそいなぁという瞬間も、あえて入れてるのかしら。


あ、とにかく、おもしろかったです。
オススメです。

ちなみに衝撃のラスト15分はどーでもいいです。
ビッグフットで十分評価できる映画です。
スポンサーサイト

« 「やるわ……… あたし…… やり…ます」 | HOME |  瞬きの序 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://homewardbound.blog108.fc2.com/tb.php/80-c748dc59

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Category

Recent Articles

Recent Comments

Recent Trackback

Profile

とりこ

auther:とりこ

心新たに…

しかし相変わらずトンデモで。

Monthly

Search

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。