スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼の親玉に会いに

2008–09–22 (Mon) 13:57
「あなたの目になりたい」

監督:サッシャ・ギトリ/1943年/90分/35mm/白黒


20日、21日とメディアテークにて、「フランス映画の秘宝」と題しまして、日本未公開のフランス映画を上映しておりました。

20日「あなたの目になりたい」の上映後には、彼のハスミンの講演がありまして、ミーハーにもその回だけいってきました。



サッシャ・ギトリっつー人は知りませんで、というかこれまで日本公開されたのは2本しかなく、フランスでも無視されてきた監督だそうで、知ってる人は少ないみたいですね。

しかし、コレがおもしろいんです。

よくわからんが、ヌーヴェル・ヴァーグっぽいジャック・タチみたいな感じで、動きのおかしさ、おもしろみがつまってましたです。

彫刻家と女性モデルはお互いに恋に落ち、婚約の話にまでおよぶものの、それから彼の態度が急変していく…

っつー話なんだけど、実は彼は自分が失明することを知ってて、遠ざけようとしてたんですねぇ。
基本メロなんだけど、失明する瞬間とかさりげにショッキングだったりで見ごたえは十分。



それにしても、ハスミンはデカい。。。

スポンサーサイト

« 脚注 | HOME |  The Far Country »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://homewardbound.blog108.fc2.com/tb.php/97-4eba69a6

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Category

Recent Articles

Recent Comments

Recent Trackback

Profile

とりこ

auther:とりこ

心新たに…

しかし相変わらずトンデモで。

Monthly

Search

Link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。